harunachico展

  • 2016.08.31 Wednesday
  • 20:19

IMG_2148.JPG

 

昨日から始まったchicoさんの展覧会に行って来た。

初日から2日目なので、流石に作品は沢山あった。

 

IMG_2223.JPG

 

バッグは毎年デザインが変わる。

今年は2wayで使えるデザインで目移りするほどどれも素敵だった。

 

Tシャツや、ブラウスは少なく、DMに掲載したバルーンスカートとバッグがメインのようだ。

たっぷりの生地を使った、美しいバルーンスカートに、心惹かれたけれど最近はスカートから遠ざかっているので断念。

スカートがお好きな方は是非一点モノのスカートをgetして下さい。

 

chcoさんから素敵なプレゼントを頂いた。

 

IMG_2226.JPG

 

クッキーにチョコレートできなこのイラストを描いて下さった。

 

IMG_2219.JPG

 

可愛すぎてとても食べられたものではなかったけれど、チョコレートだから持ち帰りは無理。

写真を写してからきなこを食べた。

 

IMG_2228.JPG

 

小さなマシュマロやクッキーにもサラサラとその場で描きあげる。

大ファンの私としては、コレクションしたいところをグッと我慢してお腹に納めた。

 

最終日は9月11日

 

 

森の音楽会-2

  • 2016.08.29 Monday
  • 19:37

IMG_2197.JPG

 

朝霧高原のホテルの窓に、一瞬だけ富士山が見えた。

前夜は、雨が降ったり止んだりする中で、範子さんの庭では二度と再現できない音楽会があった。

全く異なる楽器が演奏者の呼吸で即興で音を作ってしまうからだ。

時折、テントの上から雨が大きな音で落ちてくる。

それもみんなで楽しんだ。

 

IMG_2174.JPG

 

私の知っている演奏家と言えば、宮川俊二さんだけだ。

まさか、彼がハワイアンを演奏し歌うとは思わなかった。

ソフトな甘い声でMCもすべてこなす芸達者はさすが。

敦子さんのフラダンスは、ファンが多い。

 

IMG_2185.JPG

 

盾 直己さんによる民族楽器と歌

本格的な音響が持ち込まれているので、迫力満点。

アフリカ楽器の音色は、不思議に日本楽器の音とも共通する。

楽器の音色と生の声が共鳴する不思議感覚の音楽だった。

 

IMG_2195.JPG

 

ギタリストのマサ大家さんと仲間達

仲間の中には中島みゆきの夜会のバックを勤めるバンドマンも。

それが、羨まし――い。

 

IMG_2175.JPG

 

お腹が空けば、テーブルいっぱいのご馳走を一寸つまみ、椅子に座って目を閉じれば音楽会が始めると言う趣向。

雨音が大きくなっても、暗闇が広がる森の中は何も気にならない。

 

達者な演奏家たちの「Happy Birthday」が突然はじまった。

27日は、範子さんの誕生日。

100人は超えていると思うゲストが一緒に唄って祝した。

感動的なBirthdayになった。

 

だれもが憧れる範子さんのライフスタイルはガーデン雑誌のBISESの創刊号に掲載されている。

私は、いつも範子さんの背中を追いかけている。

そういう女性に出会えた事が嬉しくて、お招き頂くといそいそと450kmを走っていく。

 

 

 

森の家音楽会

  • 2016.08.27 Saturday
  • 19:34
朝霧高原の範子さんの新しい庭に今年は、沢山のお花が咲いた。
お会いしたいなあーと、思っている所に、「音楽会をします」というお誘いを頂いた。
ひと月ほど待ち兼ねて出掛けたのに、久しぶりの中央道は生憎の雨になつた。
範子さんの庭は、大テントが張られ準備万端、素敵な音楽家が繰り広げる贅沢な音楽会。お腹いっぱいになるご馳走と共に愉しんだ。
今夜は、富士山が、絶景の宿だけれど多分絶景は絶望だろう。


展覧会のお知らせ色々

  • 2016.08.26 Friday
  • 20:05

FBが正常になると、力が湧いてきた。

訳の分からない事が起こると、微妙に精神が病んで、日常が手につかなくなる。(小心者なので)

 

秋と言うには暑すぎる日々だけれど、展覧会のお知らせが届き始めました。

 

 

IMG_2148.JPG

 

harunachico展

 

ギャラリーにしかわ 京都市中京区河原町四条上がる塩谷町332

2016年8月30日(火)−9月11日(日)

12:00-19:00 月曜日休廊 最終日17:00まで

 

chicoさんは私が大好きな作家さんでskogの企画展にもお誘いをしたのですが、叶わないままでした。

私が着ていると、声をかけられるTシャツやバッグはchicoさんの作品です。

今回のご出展は、タックパンツ、バルーンスカート、トートバッグ、ガマ口、のれん等

 

IMG_2147.JPG

 

工藝の庭(第1回 高島クラフトフェア)

旧高島市立広瀬小学校

2016年9月3日(土)4日(日)

10:00-17:00

HP http://kougeinoniwa.org/

 

工藝の庭は、この土地で循環するありとあらゆる生命が集い、語らう庭です。魂を削り出すような木工、心の内を叩いたような金工、手と土が溶け合うような陶工・・・。

滋賀県を中心とした様々な分野の作家が集います。

ようこそ、私達の庭へ。  工藝の庭実行委員長 大西 巧

 

厳しい審査を通過された35名の作家さんが集います。

skogでお世話になった本間 明子さんも出展作家に名前を連ねています。

ぜひ、応援して下さい。

そして、この展覧会が大きく育つように見守って下さい。

 

 

 

 

 

 

FC回復しました。

  • 2016.08.25 Thursday
  • 22:06

FCが回復しました。

 

ヨシノリさんが教えて下さった

https://www.facebook.com/help/225861947424289

このページに行きつかなかったんです。

ここで、ログアウトをして新しいアカウントを作ったらスルリと解決しました。

ヨシノリさん、中々理解できない私に根気よくコメントを下さってありがとうございました。

 

DSC_0259 (1).JPG

 

今日は、家人が鉄工房に出かける日。

私のかきいれ時となる大事な一日。

パソコン上のIDやPWを整理してノートを作り変えた。

写し替えるたびにログインして繋がるかどうかの確認をして行くと、時に繋がらない事もある。

古いノートをひっくり返して確認したり、結構時間がかかった。

 

DSC_0243.JPG

 

すると、楽天銀行に口座がある事が分かった。

以前はe-bankだ。

どれどれとログインするも、ここはつながらない。

名前や住所を入れて検索しても該当者なし。

やはり古いノートの出番だった。

漸く繋がると17円だけど残高があった。

普通の銀行より金利が少しいいらしいし、送金が3回無料だとか。

この口座、もう一度見直す必要がありそうだ。

 

何だか憂鬱だった日々の霧が晴れたようです。

ホッとしました。

 

写真は記事とは全く関係ありません。

イストラ半島の写真です。

 

 

テスト

  • 2016.08.25 Thursday
  • 21:40

FCの回復テスト中

もう嫌だアー

  • 2016.08.24 Wednesday
  • 21:03

最近は全てPWだ、IDだと要求してくる。

しかも、長い間変更してないから新しく替えろと要求する。

それでなくても忘れやすいのに、そんなこと出来ますかいな。

ノートに書いても、書いても増えるばかり。

預金口座、買い物用のカード、飛行機、TポイントすべてPW,IDが複雑に組み合わさっている。

しかも、ヨシノリさんのご指摘のようにスマホで設定した暗証番号とPCで設定した暗証番号が頭の中でごちゃごちゃ。

ノートをみても、書き方がいい加減で「今更分かりません」

「身から出た錆び」とはこういう事を言うのだとこの年になって実感した。

 

DSC_0176.JPG

 

先日、ヨドバシカメラのゴールドポイントカードで買い物をした。

昨年末に、ヨドバシでスマホを買ったので、びっくりするほどポイントがたまり、それからはゾロゾロとヨドバシの買い物が続いている。これは店側の「思うつぼ」だろうけれど、ポイント10倍は騎箘きに匹敵するので逃げられない。

ところが、ここのカードがロックされた。

暗証番号の間違い回数が度を越したとの事。

 

カードの再発行と、暗証番号の問い合わせをしたら、思いがけない番号が暗証番号になっていた。

まあ、とにかく暗証番号が分かったからとPCで開こうとすると暗証番号が違うというお知らせが来る。

そんな訳はないと又問い合わせ。

すると、回答はこうだった。

 

お知らせした暗証番号はお買い物をする時のカードの暗証番号でPC上の暗証番号は別にあります。

と、の事。

もう嫌だアー

ところで買い物用の暗証番号を変更したいのだと申し込むと、書面が送られてカードにハサミを入れて送り返し、その後変更が出来るそうだ。その間ひと月カードの使用は出来ない。

ヨドバシ以外では使わないからいいんだけれど。

 

DSC_0184 (1).JPG

 

あーそうだ。

私は、こういうカードが多すぎる。

今頃気がついた。

 

ヨシノリサンが教えてくれた

https://www.facebook.com/help/225861947424289

のページ、頭の涼しい朝にお試しします。

なんか上手くいきそう。

暮らしの手帖社と世界文化社

  • 2016.08.23 Tuesday
  • 19:20

DSC_2385.JPG

 

NHKの朝ドラ「とと姉ちゃん」のモデルが「暮らしの手帖」の大橋鎭子さんと言う事で、毎回楽しみに見ている。

私は長姉の影響で10代からこの雑誌を読んでいた。

それで、モノを選ぶときの価値観は、影響を受けていると思う。

 

最近の雑誌は創刊から5年ともたずに消えていく。

その中で、50年以上続いている雑誌に世界文化社が発行する「家庭画報」がある。

私は20代からの愛読者、netがない時代はこの雑誌を記事ごとにファイルして活用してきた。

けれど、ここ10年以上この雑誌を買ったことはない。

行きつけの美容院に置いているし、半年以上経過すると私に下さると言う仕組みが出来ている。

それがここ数年、この雑誌から切り抜きをする事が少なくなった。

私の興味の対象に変化があったのかも知れないけれど、そうとばかりは言い切れない。

 

昨年の分を切りぬきしながら気がついた。

この雑誌のほとんどの部分は、広告で出来ているんじゃないのかと。

雑誌が売れなくても、広告だけで十分な収入になりそうだ。

数百万円する宝石、何十万円の洋服、あまり興味のない内容になった。

以前からセレブ向きとの批評はあったけれど、その中のいくつかは役に立った。

医療関係の記事や、全国の美味しいモンや桜や紅葉の名所等々。

この雑誌に掲載されると、日本中に知られる事となりギャラリーや作家さんの支持も厚かった。

 

時代の推移を雑誌は直ぐに受ける。

今まで、それぞれに切り抜いていた部分はそこだけに特化した雑誌が出来ている。

そういえば、「栄養と料理」の本は50年ぶれずに続いている。

今、一番読んでいるガーデン関係の雑誌もドンドン増えている。

雑誌業界は厳しいだろうな。

 

「暮らしの手帖」は特別な情報誌となって今に続いている。

今後も、創業時の姿勢を貫く雑誌であって欲しいと思っている。

 

IMG_2144.JPG

 

 

 

 

もやもやとPC仕事

  • 2016.08.22 Monday
  • 20:08

DSC_2386.JPG

 

PCやスマホがトラブルと、全くお手上げになる。

上級者は、電話機や洗濯機のようにガシガシ使えばいいと言われるけれど、正常から外れると、訳が分からなくなる。

 

土曜日はスマホの連絡先が全く表示されなくなった。

だれにも電話がかけられないと焦れば焦るほど、「頭の中が真っ白」

あれこれ検索して便利ツールに初期の物が残っていると分かった。

ところが、朝になると正常に戻っている。

 

FBもスマホでは正常に見えている。

PC上はお友達が皆いなくなった。

ioharaさんのコメントは旧FBに上がっているけれど、私の返信は出来ない。

ヨシノリさんのご指摘のように私が二人いる事になっている。

だから、それを同一化すればいいんだろうと、昨日ほぼ一日中あれこれ触ってますます深みにはまった。

 

あーーもう嫌だあー。

 

IMG_2025.JPG

 

face bookがおかしくなった

  • 2016.08.21 Sunday
  • 23:06

ブログをupすると同時にface bookをシェアすると言う機能を使っていたのに、今日シェアしようとしたらアカウントを要求された。

まあ、いいかと携帯番号と暗証番号を入れたら新規のface bookになったみたいで今までのお友達に繋がらなくなりました。

「お友達になる」を片っぱしに押していますので、おかしいなあーと思っておられる方もいらっしゃると思います。

そういう事情です。

何方か元に戻し方が分かる方は教えて下さい。

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< August 2016 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM