雨音を聴きながら

  • 2016.09.28 Wednesday
  • 23:34

朝から大雨が降ると思うとカラッと上がり、晴れ間がのぞく。

暫くすると警報が出るほどの雨が降る。

今日の天気どうなってるの。

 

北海道に出かける旅支度をしながら、行き先の天気をチェックする。

気温も雨雲も分かる便利な時代になったものだ。

 

それにしても、頭の上の雨音は激しくなるばかり。

朝、7時10分発千歳行き

札幌は晴れらしいけれど、帯広は午後から雨。

中札内美術館に行けたらそれで満足しよう。

 

DSC_6003.JPG

 

明日からFBのみのUPになると思います。

チョコチョコUP出来るといいのですが。

良かったら覗いて下さい。→ 

憧れの旭岳

  • 2016.09.27 Tuesday
  • 23:59

明後日から北海道に行く。

ここ7.8年間、毎夏にガーデン巡りで訪れる北海道だけれど、漸く観光に目が向くようになった。

5月は太四郎の森とタウシュベツ橋梁が目的で2泊の強行軍で行った。

 

 

image1.JPG

 

今回は大雪山系の紅葉が目的。(24日に行かれた方から頂いた写真を借用)

 

色々調べて30日位がベストと定めたのに、どうやら1週間くらいの予測ちがいがあったらしい。

旭岳は例年24日位に初冠雪すると分かったのは、つい先日。

チケットの手配を早々と済ませていたので、急な変更もままならず、「どうしたもんじゃろの―」と思っていたら今年は、未だ初雪のニュースを聴いていない。と思う。

 

image4.JPG

 

明後日は、帯広の中札内美術村に行きたいから、帯広泊まり。

もう一日待ってくれると初冠雪の日に行けるかもしれないと甘い期待を抱いてしまう。

明日から寒くなるらしいから、案外明日かな。

 

 

北の住まい設計社―名古屋

  • 2016.09.26 Monday
  • 19:26

旭川にある「北の住まい設計社」の名古屋店で鎌倉のもやい工藝さんに寄る「日本の手仕事展」が開催されていると知ると,どうしても行きたくなった。

自宅からの150kmは容易な距離だから又琵琶湖の周りを半周する一般道で出かけた。

 

 

IMG_2381.JPG

 

長久手にある名古屋展は素敵な佇まいだった。

「住んでみたい」ほど魅力的なのは、植栽や三角屋根に童話の世界のような郷愁を感じるからだろうか。

 

IMG_2380.JPG

 

展覧会が始まって1週間経った所為か「もやい工藝」さんの世界を堪能するには少しさびしい数の作品だった。

方々の窯元に足を運んでいるけれど、沖縄と出西窯の窯元は知らないので一番関心を持って行った。

ところが、本で見た通りの作品を前に何故か気持ちが萎んでいった。

どうしても欲しいものではなかったから。

沖縄や、島根県で、出会えば多分、お持ち帰るになったのだろう。

作品の数が少なくなると選べなくなると言うのが原因かもしれない。

 

IMG_2378 - コピー.JPG

 

生活を提案する場所だから寝室もディスプレーされている。

 

帰り道は春日井のRe-Styleさんに立ち寄りをした。

その前に、家人が「北の住まい」にあったK's Garden のショップカードを見つけて岡崎まで車を走らせた。

 

DSC_2007.JPG

 

残念ーん、お休み。

 

Re-Styleには、5年ほど前に来て、楽しかった記憶がある。

家人は端っこのCafeに記憶があると言う。

そういえば、そこで長い事待っていてもらったな。

 

魅力的な北欧家具があった。

手が届きそうなプライスだけれど、我が家には置き場がない。

 

IMG_2389.JPG

 

ここにはこういう説明が書いてある。

 

IMG_2391.JPG

 

Usedなので、悪い所はきちんと説明をして下さる販売姿勢には好感が持てる。

 

11月の3日からノミの市があるらしい。

どうしようかなー。

土曜日って忙し、楽し。

  • 2016.09.24 Saturday
  • 21:40

先週から、土曜日に歯科医院に通っている。

何故、土曜日かと言うと途中の比良駅前の「ほっとすてーしょん」がオープンしているから。

美味しい食事と懐かしい顔に会える。

 

DSC_2000.JPG

 

炊きたての味ご飯と熱々の天ぷら、絶品の味噌汁。これで700円。

これをずーっと食べたかった。

 

DSC_1992.JPG

 

コスモスの庭を眺めながら

 

DSC_1995.JPG

 

目を上にやると、一番上にトラックの姿が見える。

あの位置にskogがあった。

 

藤本歯科医院に今日は夫婦連れ。

どうしても抜かなければならない歯があるのに、逃げ回る家人に引導を渡して今日は同行した。

私の子供のころの歯科医のイメージはキーィキーィと音が鳴り、恐ろしい針がむき出しになったテーブルに怖さ倍増だった。

ところが、洋子先生の歯科医院は子供も喜ぶ遊び場がある。

 

DSC_1983.JPG

 

保育園の一角のようだ。

私の治療中もここで遊んでいる子供さんがいた。

私は待合室の雑誌が楽しみで、待ち時間が気にならないけれど、ここで遊んでいる子供さんも歯科医院に来ている事を忘れるんじゃないかしら。

 

DSC_1982.JPG

 

DSC_1985.JPG

 

診察台の上には魔女も舞う。

 

午後からは、本間さんが参加されている仰木のギャラリー「風曜日にようこそ」を覗いてきた。

こちらは住宅街にあって、個人邸をギャラリーにされているようだった。

入り口に大きなバナナの木があって、目を引く。

楽しそうな談笑の声が道路まで溢れていた。

 

 

久しぶりに出会う本間さんのベスト

新しい、お客様に出会えますように。

skogの時とは違って、他所に預けた我が子に出会ったように見てしまう。

 

 

とてもセンスのいいアプリケの額や、ボタン。

 

良い仲間になってね「チチンプイプイ」

 

写真は庵原さんのFBから拝借、初めてのギャラリーでは、流石に写せませんでした。

 

 

 

高田 郁著ーあきない世傳金と銀(二)早瀬編

  • 2016.09.23 Friday
  • 19:52

暑い日が続くと読書もすすまない。

図書館への足も遠のき、書店廻りを始めたのも9月に入ってからだ。

 

そして、高田 郁著の「あきない世傳金と銀」の2巻目に出会った。

1巻は2月だったので半年ぶりになる。

嬉しくて睡眠不足になりながら読み終えた。

 

DSC_1957.JPG

 

私の中で今一番注目の作家が高田 郁である。

不思議な感性の持ち主で、心の襞を書かせたら高田郁の右に出る人はいないだろう。

どのページからも文字が飛び出してくる。

最後のページが見え始めると、もう3巻が待ち遠しくなる。

 

貧しくも賢い娘が、奉公先の呉服屋の御寮さんに迎えられる所から、急激に物語が展開を始める。

筋立てに緩急があり、読み飽きるとか中だるみをするとか言う事は全くない。

朝の時間を気にしなければ、一晩で読める。

ただ、勿体な過ぎて読み惜しみをして読了した。

 

 

写真教室-3回目

  • 2016.09.22 Thursday
  • 17:46

DSC_1928.JPG

 

先ほど書きあげたブログが消えた。

まさかと探したけれどどこにも残っていない。

もう書きたくなーい。

けれど、毎日開けて下さる方が、書いてない日はがっかりするとおっしゃるので、思い出し書きをしてみよう。

 

今年の9月の連休は雨でさんざんだった。

今日も午後から土砂降りでカンカン照りで干上がっていた庭は、じめじめ庭に変わった。

今年は草木の病気が多発するんだろうか。

 

今日は写真教室の3回目

昨日から気にかかっていた壊れたレンズを先生に診て頂くと、確かに壊れて入るけれど使えない訳ではない。

この修理に13000円の支払いは勿体ないように思いますとの事

今持っている、18-270mmのレンズが故障した18-55mmのレンズをカバーできるので今回は修理見送りとした。

昨日、1800円ほどお安くなると喜んだけれど、無料ならこの上ない事だ。

もっと、写真が好きになれば欲しくなるレンズが出てくるだろうから。

 

DSC_1919.JPG

 

今日は、使い慣れてない望遠レンズで風景写真の撮り方を教わった。

先週から教わっているF値とボケの復習を兼ねて先生がお見えになる前に望遠レンズとマクロレンズで上の2枚を写した。

分かったようで中々決められないF値が今日は幾分理解が進んだように思う。

条件の悪い時にも、少しはましな写真が写せるかも知れないなんーんて、素人は直ぐ思いたがる。

 

DSC_1953.JPG

 

雨がひどくて外に出られないので、室内から外水道をを写しながら、色々なケースを教えて頂いた。

この教室は個人指導なので、カリキュラムがあるようでないようで、臨機応変部分に私が引っ張ってしまう。

何しろ旭岳の紅葉を写したいんだーと言うものだから。

でも、昨日まで分からなかった事が薄紙を剥ぐように理解できると、それは嬉しいものだ。

 

番外編

世間様がinstagramをなさっているとか。

instagramって何?

「それはですねー。こうしてこうするとほらね。」

っと、スマホでアップして下さった。

アレー直ぐにフォローが付いちゃった。

これから先は自分でやる事になるけれど、分かるかしら?

先輩の皆様宜しくお願い致します。

 

 

THE STUDIO EXHIBITIO X+2 -初日

  • 2016.09.21 Wednesday
  • 21:02

IMG_2355.JPG

 

ニットスタジオ ニシムラ

THE STUDIO EXHIBITION X+3

2016.9.21-24  10:00-17:00(24日 16:00)

京都市勧業会館みやこめっせ 2F   美術工芸ギャラリーA.B室

 

一日違ったら、台風の真っただ中の初日になるところだったなあーと思いながら岡崎公園内のみやこメッセに急いだ。

西村明子先生にお会いすると思うだけで心が躍る。

昨年11月の企画展以来ご無沙汰続きで、DMを頂いた時は嬉しかった。

朝一番には成れなかったけれど、早い時間に会場に到着できた。

西村先生が直ぐに見つけて、声をかけて下さった。

相変わらず、底抜けに明るい。

次々にファンの方がおいでになるので、ひとり占めする訳にはいかないけれど、一寸間が空くと直ぐに他愛もなく話しこんでしまう。

 

IMG_2357.JPG

 

携帯のカメラは静かな場所ではシャッター音に写す本人がドキッとする。

構えて丁寧な写真を写せないままUPするのが申し訳ない気持ちになる。

こちらの教室には出井千里さんや川端明子さんが所属されていてskogでも展覧会をして頂いた。

今でも、新しい作品つくりに精進されて今回も素敵な作品を展示されていた。

お二人の作品は何所にあっても、私の目に飛び込んでくる。

お二人にもお目にかかれて、今日はいい日だった。

 

IMG_2363.JPG

 

岡崎公園の蔦屋からみやこメッセを望む

道路にテラス席が出来てワンコと一緒にお茶をする人を見かけた。

人が少な過ぎて一寸物足りないけれど、土日は賑やかなんだろう。

 

IMG_2372.JPG

 

平安神宮も静かなものだった。

 

みやこメッセのBFで「ムーンバットのファミリーセール」をしていたので、何年振りかで覗いた。

以前の賑わいは無いものの、洋傘はここが一番お安く買える。

傘の骨が16本の風に強いと言う傘があった。

しかもシビラのデザイン。

ずーつと探していた傘に出会えた。

価格2000円 うそみたい。

 

 

 

カメラレンズの故障

  • 2016.09.20 Tuesday
  • 22:29

去年から時々カメラの調子が悪いなーと思っていた。

故障かなと思うと調子はいいし、カン違いかと思いながらズルズルと過ごしていた。

まあ、カメラに関心がなかった所為だけど。

最近、優しい先生に出会って、レンズに書いている数値や意味が分かると、少し面白くなった。

でも、直ぐに上手い写真が取れる訳ではないし、先が長そうだなー。

 

DSC_1918.JPG

 

先生がお見えになる日が近付いた。

まあ、何かしておかないと申し訳ないので、3個持っているレンズで同じものを写してみる事を試みた。

すると、一番使っていたレンズに明らかな故障を発見した。

レンズカバーも無くしているし、ミニミニの三脚も欲しい、カメラ屋さんまで出かけようかと思えば台風接近の模様。

こう言う時は、我が家の運転手件家人が、可及的速やかに車を出してくれる。

 

結果、ニコンの会社に送り返す必要あり、修理費の予算は13000円ほどという見積もりになった。

しかし、修理には日数がかかる。

月末には旭岳の紅葉を見に行く計画があるのに、間に合いそうもない。

どうしたもんじゃろの―。

 

写真が下手な上に手ぶれをさせると全てが削除となる。

ミニミニ三脚を使うと幾分ピントが良くなったような気がする。

 

DSC_1911.JPG

 

カメラの修理に付いて分かったった事メモ

 

カメラ ニコン

ニコンイメージング会員に登録する(無料)

ネットで修理依頼をする→

 

この二つを実行すると、ピックアップサービス料金540円が無料

イメージング会員に登録すると、修理費が10%off

私の場合で、1800円位の差額が発生します。

 

 

 

 

岐阜県関市ー刃物と鰻の町

  • 2016.09.19 Monday
  • 19:53

滋賀県は福井県、京都府、岐阜県、三重県に隣接している。

案外知らないのが、岐阜県と三重県だ。

 

岐阜と言えば諏訪湖へ行く時に通過する場所で、関は夕食に鰻を食べる所だった。

と、言う事は暗くなった頃に行くところだ。

吉村さんの展覧会に行ったついでにお昼に鰻屋さん、その後刃物店を回って帰る計画をした。

 

関市の商店街に人影はないのに、鰻屋さんの駐車場は県外ナンバーの車がズラリと並んでいた。

12時半頃に行ったら、「しげ吉」は既に売り切れの看板が出ていた。

「辻や」は道路に鰻を焼く煙がもくもくと出ている。

お向かいの洋装やさんの生地は鰻の煙がもろにかかっているんじゃないのと、他人事ながら気になった。

店の前は長い行列。

何軒か有名な鰻屋さんはあるけれど、この2店が行きつけなので、今更新規開拓は面倒くさい。

待つ事に覚悟を決めた。

 

IMG_2348.JPG

 

鰻を食べられたのは2時ごろになったけれど、待つ甲斐のある美味しさ。

外はカリカリ、中はふわふわ。

ご飯にかかるたれは少し甘口。ご飯が美味しくて、完食してしまった。

 

IMG_2349.JPG

 

帰る時にも隙間なくテーブルはいっぱいだった。

 

新潟の三条市と共に関は刃物で有名な町だ。

10月の体育の日は「刃物祭り」で賑わう。鰻屋さんは開店前に1時間くらい並ばないと無理でしょう。

今回熱心に刃物を見て回った。

と、言うのも姉達の足の爪が普通の爪切りでは切りにくくなっているからニッパーが欲しかった。

関の孫六の名を打ったニッパーを買ってきた。

娘に洋裁用の裁ちばさみを探したら、20000円ほどしていた。

見なかった事にした。

 

IMG_2352.JPG

 

最後はお決まりのJA市場

 

IMG_2351.JPG

 

店内の、くねくねと沢山のダクトのようなものがぶら下がって、初めて見る者には異様な風景。

 

リンゴや、野菜を買い込んで大満足の関の旅でした。

 

小西潮&吉村桂子展-レースグラスとツギハギグラス

  • 2016.09.18 Sunday
  • 23:20

台風の影響か、思い出したように時折雨が激しく落ちてくる。

そんな中、16日から始まっている小西潮さんと吉村桂子さんの展覧会に出かけた。

岐阜県の関市はすぐ隣だし、琵琶湖岸をドライブすれば案外に近いだろうと一般道を利用した。

 

IMG_2347.JPG

 

住宅街に一寸モダンな建物があると思ったらそこが「Gallery凛」さんです。

大きな窓から吉村さんの姿が見える。

1年以上会ってないけれど彼女は、一段と美人になった。

が、それ以上に作品の完成度が高くなっていた。

 

IMG_2329.JPG

 

ツギハギのお皿 一段とメリハリが出たように思います。

 

IMG_2328.JPG

 

イロアミグラスも大きなサイズが出来ていましたし、ツギハギグラスも大きなサイズがありました。

この展覧会は3年前に決まっていたし、師匠の小西潮さんとの二人展なので、その為の準備は精神的にも大変だったろうと思います。

「夏の間、暑い工房は大変だった?」

「海に入らない夏は初めて、毎日RIO RIOでした」

「?」

「オリンピックを見ながら自分を励ましたんです」

流石に、その成果は十分に発揮出来ていました。

 

実は、skogの展覧会では私の欲しかったグラスは完売、イロアミもツギハギも私は持っていなかった。

今日は、好きに選べる嬉しい日だった。

来年7月には京都で個展が開かれるそうです。

その前に、今年11月は名古屋で個展です。

吉村さんの追っかけをしたかったので、今日のお買いものは少し控えめにしたけれど、ツギハギのお皿に未練が残った。

名古屋や京都では又新しく出来るけれど、今日出会ったお皿は今回限りなんだからと余程引き返したくなった。

 

DSC_1860.JPG

 

片口に目がないので、これは一番に頂きました。

 

IMG_2334.JPG

 

師匠の小西潮さんの作品

 

右端のレースグラスのブルー、これも未だに未練です。

 

IMG_2335.JPG

 

小西潮さんの酒器

 

お酒が飲めれば、絶対に欲しかった。

 

IMG_2332.JPG

 

9月25日(日)が最終日です。

ガラス好きには堪らない作品展です。

吉村さんの渾身の作品も是非ご高覧下さい。

 

坂本の自宅から湖周道路経由でギャラリーまでは133km 3時間と少しのドライブです。

途中、琵琶湖岸は新鮮野菜の市場があって楽しい道路だし、関ヶ原には家康の初陣の跡があったり、一般道のドライブは高速の倍は楽しいものでした。

 

 

 

 

 

 

 

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< September 2016 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM