クリスマスローズが終わります

  • 2017.03.28 Tuesday
  • 20:05

DSC_7487.JPG

 

もう少し、このままと思いつつ眺めたクリローも、色褪せて、切らなきゃ来年の開花に影響しそうになった。

熱湯で湯上げすると切り花にも出来るらしいけれど、その峠も超えて咲かせ過ぎた。

 

DSC_7492.JPG

 

水に浮かべて、もうしばらく楽しめる。

 

DSC_7481.JPG

 

咲くまで存在を忘れていたクリロー。やっと一輪。

来年用に集中管理のラベルを貼って管理。

 

DSC_7482.JPG

 

DSC_7443.JPG

 

ハーレンベルギアが咲き揃った。

毎朝、庭は新しい発見がある。

もう少しクレマチスを誘引しようかと、家人に朝、言ったら、夕方にはステンレスワイヤーを買って来た。はやっ。

 

DSC_7529.JPG

 

昨日大好きな山川ママが来てくれたの。でもね「あら、キナちゃん顔変わった?」ショックだったわー。

「あーーそうか、トリミングが違うんやね」って言ってくれたけれど、もう遅いわーー。

 

 

ミモザの花が咲きました。

  • 2017.03.26 Sunday
  • 19:44

DSC_7507.JPG

 

琵琶湖畔のgallery Takutoさんから「ミモザの花が咲きました」と、お知らせを頂いて出かけた。

満開になるのは今週半ばだろうか、蕾が重そうにたわわに付いていた。

 

DSC_7510.JPG

 

ご自宅の玄関ドアを覆うように、ミモザの木は植えられている。

小さな苗木を植えたそうだけれど、もう直ぐ2階の窓に届きそうだ。

私もミモザは大好きでうちの庭にも植えたことがある。

アッと言う間にカイガラムシがびっしりとついて、敢え無く撤収した。

それだけに、こんなに綺麗なミモザの花のおすそ分けを頂くと、特別嬉しい。

いっきに心に春が来た。

 

DSC_7496.JPG

 

何でも手造りされるTakutoさん、

 

DSC_7497.JPG

 

今日は、この奥に壁泉を建設中だった。

5月の津々木さんと、庵原さんとの展覧会中は、奥様が丹精されたお花と、綺麗な緑の庭が出迎えてくれるでしょう。

ガーデン好き、建物探訪好き、布好き、帽子好き、鉄好きの方々にはワンダーランドの3日間はもう直ぐ。

DMが出来きたら、詳しくお知らせいたします。

 

DSC_7503.JPG

 

お隣の畑の桜は満開。

サクランボの木とお聞きした。

サクランボ狩りが出来るのは展覧会の頃かな?

 

 

ひと雨ごとに春近し

  • 2017.03.21 Tuesday
  • 22:39

DSC_6364.JPG

 

上海に出かけていたのは3日間なのに、庭はモリモリと春の姿に変わってきた。

これから、ワクワクするガーデンシーズンが始まる。

 

DSC_7404.JPG

 

一番に咲いてくれても良さそうなのにと、恨めしく眺めていた水仙が帰ってくると一番成長していた。

チョット大きすぎて植える位置を間違えたかと、気になるほどだ。

 

DSC_7408.JPG

 

地面を這うように低く咲くのはプルモナリア、何度移動させても生き残る強い花

 

DSC_7410.JPG

 

DSC_7409.JPG

 

絶好調のビオラ、暖かくなると生き返ったように鮮やかに、大きく咲くようになった。

暑さ寒さも彼岸までと言うのは短い言葉で言い得てる。

春よ来い

  • 2017.03.09 Thursday
  • 20:18

IMG_3693 - コピー.JPG

 

毎年、春の前にはシーティングアーバーのペンキを塗り直す。

これを作って何年経ったのだろうか。

今年はベンチ部分が腐って、ペンキ塗りでは間に合わなくなった。

 

IMG_3696 - コピー.JPG

 

家人は喜々として「ペンキでダメなら、作り替えるだけさ」と、早速製作にかかった。

億劫がらないのが取り柄かな。

 

DSC_5891.JPG

 

DSC_5889 - コピー.JPG 

 

一日で完成しました。

 

春よ来い。

 

クリスマスローズが咲きました

  • 2017.03.08 Wednesday
  • 18:27

 

DSC_5884.JPG

 

skogの作家仲間でラインを作っている。

庭のクリローが咲きましたと写真が送られてきた。

すると、次々とクリローや春の花の写真が送られてくる。

そんな些細な事が仲間の親近感を増して、嬉しい。

 

びわ湖の北部は昨日から雪が降っているらしい、風が身を切るように冷たい。

あと、ひと月もすると庭は一気に変貌する。

土が方々で盛り上がって、もう直ぐ新しい花が一斉に咲く季節になるのだろう。

 

DSC_5909.JPG

 

DSC_5916.JPG

 

トム&ジェリーも待っている。

 

DSC_5890.JPG

 

ガーゴイル君も

 

DSC_5899.JPG

 

天使ちゃんも待ってるよ。

庭仕事

  • 2017.03.04 Saturday
  • 22:06

庭に出ると春の気配がする。

玄関前の寄せ植えを、春らしく植え替えた。

庭には雑草が目立っている。

雑草を抜くと、すっきりした庭も、心も。

 

DSC_5696.JPG

 

バラの芽も膨れて、春が待ち遠しい。

 

DSC_5684.JPG

 

一寸遊んでみた写真。

 

DSC_5705.JPG

 

至る所にクリローが顔を出している。

冬枯れの庭に花の存在を教えてくれる。

 

 

春の花

  • 2017.02.22 Wednesday
  • 17:36

DSC_5452.JPG

 

カーテンを開けると屋根に薄く雪があったり、霜が降りたり、ブルッと身を震わせるような寒い朝もある。

それでも、庭には春の気配があるのだろう。クリローの花が上がってきた。

2年ごとに植え替えをするといいらしいが、うちのクリローさんは名前のあるような品種ではないので、ちょっと手抜きをしている。

10年以の年季が入っているので、庭で勝手に交配されて、思いがけない色で咲いてくれたりもする。

写真は「ブラックルーレット」と言う名前を持っている。

skogの庭に風雅舎さんが植えてくれたのを移植した。

 

DSC_5437.JPG

 

今年は湖西地方も雪が多かったし、気温も低いので、ビオラの生育に去年の勢いがないように感じている。

もしかしたら、私の花がら摘みが間に合ってないのかも知れない。

寒いとか雪が降るとか、かなり言い訳しているような気もする。

 

コウロギノブコさんの「碧いうさぎ」に昨年の美しさがなくて気落ちしている。

 

今年の庭はどんな花が咲くやら、期待と不安が入り混じる季節になってきた。

久しぶりの庭仕事

  • 2017.01.28 Saturday
  • 18:37

天気予報に晴れマークが7並んだ。

こんな日は、朝からテンションが上がる。

気になっていた寒肥を入れる絶好の日だ。

 

IMG_3470.JPG

 

家人は、ガレージの突き当りに鉄柵を作ってきていたので、早くつけたかったらしい。

昨日から、そわそわしてた。

 

秋口にベラボンで植木鉢には霜除けをしていたものの、寒肥をしないまま雪降りの日々になってしまった。

雪の下は、暖かいと聞いていたので、鉢の中は心配しなかったけれど、冷たい風が吹くと急に不安になる。

庭を見回りながら、小さい春を見つけるのは楽しい。

こぼれ種から芽を出した花は、くじに当たったようで、特別に嬉しい。

 

IMG_3476.JPG

 

一日中、雑草を抜いたり、肥料を入れたりの庭仕事をすると、体が喜ぶようだった。

 

IMG_3477.JPG

 

ぽんかん30個 4000円也

 

庭仕事をしていると、京都の果物やと言う若い女性が、ポンカンの箱を抱えて各家のチャイムを押していた。

秋口にはラ・フランスを持ってきて、家人が買ったことを思い出した。

一寸高いと思ったけれど、ラ・フランスはとても美味しかった。

このポンカンも高い。

私は、我が家用には少し高いわー。

と言ったけれど、家人はもう買う気持ちでいるらしい。

 

京都から電車で来て、持って歩いていると家人は同情しきりだけれど、それを聞いて私は何となく気持ちが落ち着かない。

あり得ない話なのだ、信じられるのかな?

 

netをググると、この販売方法を宗教とか、詐欺とかいろいろ書かれているけれど、よく分からない。

なんとなく、信じがたいけれど、ぽんかんは美味しかった。

 

 

 

ガーデニング初め

  • 2017.01.06 Friday
  • 20:11

いよいよ。バラの誘因を始める頃になった。

塀に絡ませたバラがお隣の敷地に侵入を始めたので、今年は塀から20cmくらい離して誘因することにした(家人が)

塀の隅にブラケットを作り、新しくワイヤーを張った。

 

DSC_4416.JPG

 

バラは成長が旺盛で、葉を落としておいた枝が絡み過ぎて、その始末に手こずっていた(家人が)

 

DSC_4417.JPG

 

大津市は新年のごみ収集が始まった。

4日の水曜日は缶ごみの日。

きなこの散歩から帰った娘が、報告してくれたのは

お正月のビールの消費量は驚くほどで、どこの集積場も山積みされていた。

中でも、プレミアムのビールがいつもより多いみたいで、流石にお正月だわと、笑っていた。

ホント、お正月だねえー。

 

DSC_4409.JPG

 

クリスマスローズ

 

1月はクリスマスローズが最初の花。

さて、今年はどんな庭になるのだろうか。

咲いてみないと分からない、我が家のいい加減な庭の一年が始まった。

 

庭の魅力

  • 2016.12.19 Monday
  • 21:46

IMG_2735.JPG

 

須坂、ガーデンソイルの庭

庭には座り心地のよさそうな、椅子が置かれている。

まだ寒さもない季節だったし、庭にはひとけもなかった。

木々から落ちる枯葉の音が、聞こえそうなほど静かだった。

 

ガーデン巡りは4月から7月まで、方々に出かける。

勿論、信州に行けば、ガーデンソイルは外せない。

庭全体が華やかな時期ばかりだった。

ところが、庭は枯れてからも美しいと教えてくれたのは、やはりガーデンソイルだった。

 

庭は庭人の哲学が反映される。

ガーデンソイルが多くの人を惹きつけるのは、言葉の説明が要らないからだろう。

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM