ご近所桜

  • 2017.04.13 Thursday
  • 20:21

DSC_8359.JPG

 

私の家のある団地内の川沿いにも立派な桜並木がある。

今年は例年に比べて1週間遅れて満開になった。

今週末が雨になれば、散ってしまうだろう。

この小さな流れは桜の花びらで埋まる。

 

DSC_8364.JPG

 

桜の時期にはきなこと、この川べりを歩く。

いつもは歩きたがらないきなこだけれど、私が一緒の時は振り返りながら私の姿を確認して先を歩く。

「いつもこの道あるくんよー。」

家にいる時には滅多に見せない笑顔が満開。

 

DSC_8367.JPG

 

桜は、団地の初期に植えられたものだとすると樹齢40年。

樹齢100年までお付き合い出来ないけれど、何時までもここに残して欲しい。

ご近所さんの忘年会

  • 2016.12.23 Friday
  • 22:22

DSC_4137.JPG

 

今年で何回目の忘年会になるのか分からないけれど、集まれば賑やかなご近所さん。

 

DSC_4143.JPG

 

昨日の忘年会で飲んだ「白岳仙」のお酒が美味しかったからと、福井から初めてのお酒が加わった。

濃厚だけどフルーティーと大好評。

けれど、以前に比べるとお酒が減らない忘年会になった。

それでも、5時間の大宴会。

 

DSC_4144.JPG

 

いつも、アイディアで驚かせてくれるSさんが創るサラダ鉢

手でむしりながら頂ける。

 

DSC_4141.JPG

 

ご近所さんの集まりでは、旦那さん方が雄弁になる。

今回はビートルズの曲を、歌う人、エアーギターを奏でる人と芸も達者になってきた。

来年の旅行計画もぼちぼちと出始めた。

 

今年は大手術から回復してきた人、来年は結婚50周年を迎える人。

人生いろいろ。

だから面白いご近所付き合い。

 

今年も茄子パーティー

  • 2016.09.06 Tuesday
  • 20:46

9月の声を聞く頃になると「茄子パーティー」のお誘いがかかる。

Sさんの故郷、飛騨高山から大きな茄子が届くと、ご近所さんはいそいそとS家に集まるのが恒例となっている。

 

IMG_2277.JPG

 

この茄子は、炭火で焼くのが美味しい。

今年は台風の雨の心配があったので、会場は室内になった。

けれど、茄子だけはご主人がガレージで炭火焼をして下さった。

真ん中にS夫人の手前味噌を塗って焼くと、茄子は皮からスルッと外れて熱々の柔らかい身を口に頬張る事が出来る。

これだけで、結構お腹がいっぱいになる。

 

IMG_2288.JPG

 

今年は、暑い時のおでんが美味しいと、大鍋のおでんと陶板焼きのお肉、自家畑から取れたての万願寺を焼いて暑気払いをした。

 

IMG_2274.JPG

 

今年の暑さは特別だったので、ご近所さんと言えども会う機会がなかった。

けれど、会えば直ぐに盛り上がるメンバー。

何時ものようにハーモニカが出ると、ピアノが鳴り始め、演歌ならぬ童謡を歌う男性群。

 

一番力が入った話題と言えば、誰が食事の支度をしているかと言う事。

大抵、朝か昼はご主人が作るんですと。

我が家は、家人が活躍していると思われがちだけれど、そうではない。

お手伝いは良くしてくれるけれど、ひとりで全てをしてくれることは月に一日くらいだろうか。

カレーか麺類の時だけである。

料理教室に行ってくれないかなー。

 

たわいもない話題で4時間も過ごせるご近所さん。

頼りにしています。

 

IMG_2281.JPG

 

我が家からは、きなこも参加。

 

 

 

ご近所付き合い

  • 2016.06.20 Monday
  • 21:54

お正月以来半年ぶりに、ご近所さんが集まった。

 

DSC_9957.JPG

 

今年の春、ご近所さんの中で一番最後まで仕事をされたSさんのご主人が地域に帰って来た。

花の美しい季節に、地域デビュー歓迎会の予定だったけれど、S夫人の手術があったりして今日まで伸び伸びとなっていた。

いつも4家族で集まっているので、誰かれの病気は一番心配な年齢になっている。

退院されてそろそろひと月半、退院祝いと退官祝いを一緒にしたらブーイングが起きた。

 

何かにかこつけて集まる口実を作っているのに、2つの理由を一度に使うのは勿体ないと言うのだ。

と言いつつも、4軒で集まるのは難しくなっている。

それぞれに、沢山の友人を持ち、地域に貢献していると時間はあるようで中々ないものだ。

今週は、今日を外すと来月10日過ぎまで集まることは不可能だった。

 

DSC_9961.JPG

 

今日はお祝い事なので、福井の極上のお酒を信楽の高橋楽斎の水差しで冷やした。

洒落たワインクーラーがなくても何とかなるもんだ。

pm1:00〜から始まった宴は4時間、飽きる事無く話が続く。

もう、沢山は食べられないし、沢山は飲めなくなって寂しくなった。

が、気持ちは若い。

 

「次は、外国で宴会をしようか。」

「それもいいね」

 

皆が元気でいる事が大前提。

大事なご近所さん達だ。

 

 

新年事初め

  • 2016.01.05 Tuesday
  • 00:01
それぞれのお正月が終わると、ご近所さんとの新年事初めとなる。
年末の忘年会と新年会の間はひと月も空いてないけれど、今年をどう過ごすかと興味津津なのだ。
子供のようにはしゃいで集まれるご近所さんの存在は心強い。

DSC_8045.JPG

お正月の残りモノや、簡単な鍋を囲み雑炊をすすりながら話は尽きない。
早速今月から行動開始。
静岡まで日帰り、薔薇剪定の勉強ドライブが決まった。
4月にはSさんのご主人が目出度く単身赴任から帰って来るので歓迎会をしなければ。
5月は私のたっての希望で北海道の太四郎の森を訪ねる事までが決定。
九州のオープンガーデンも5月なのでは??
福島の花見山は4月だし、山形はどうしよう。
それまでに、それぞれの庭はちゃんと管理して、花見の宴もしないとね。

それにしても、こんな愉快な定年後の生活があるとはなあー。
と、一人が言うと全員がうんうんと、肯く。

DSC_8046.JPG

何時間話しても、疲れない花談義。

DSC_8056.JPG

きなこはお疲れ。
関係なあーい。



 

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM