上海弾丸ツアー2

  • 2017.03.18 Saturday
  • 22:09

上海初日の夜は、愉しみにしていた上海雑技団の鑑賞

pm7:30開演の頃には座っているだけでウトウトしてしまう。

am7:30に関空に着く為にam5:30に家を出ている、起きたのは当然ながらその1時間前となる。

その後は歩く、走るを繰り返し、漸く座れたのだから眠くなるのは仕方がない。

 

DSC_6709.JPG

 

 

 

 

ところが、演技が始まると眠るどころではない、周りの空気も変わってくる。

声にはならない歓声か、ため息か、満席の観客も固唾をのみ緊張して演技に集中していく。

 

DSC_6755.JPG

 

DSC_6777.JPG

 

DSC_6784.JPG

 

DSC_6805.JPG

 

DSC_6812.JPG

 

子供の頃、お祭りがあると大きなテントを張って木下サーカスがやって来た。

大きな地球儀の中を、オートバイがくるくる回り目を見張ったものだ。

その頃はオートバイは1台だったと思う。

この日は8台のオートバイがこの地球儀の中を走り回った。

 

しなやかな体、筋肉の盛り上がった体躯、鍛え抜かれた肉体は、人間の体の美しさの極致にあった。

私も鍛えたらあんな体になれるのかと言うと、家人は「ありえない」と即答した。

私と言うのは例えでしょう。

人間ならと言う意味だよ。

それも「ありえない」と同じ返事だった。

 

DSC_6637.JPG

 

格安ツアーであるから食事についても触れておこう。

四川料理、無錫のスペアリブはベタベタと脂っぽく食べられない。

写真はデザートで出されたスイカ

これまで薄く切るのは技術がいるだろうと思える薄さだ。

初めましての方々8~10人で円卓を囲っても、気を遣うばかりでテーブルを回すのもぎこちないものだ。

これで、やせて帰られるとちらつと思わないではなかったけれど。

ところが、上海料理になると、かなり美味しくなった。

美味しいスープは別料金で100元ですと。

1800円相当。

誰もオーダーしない。

そりゃあーしにくいですよ。円卓ですからね。

 

ついでに上海の通貨事情も。

両替は現地のATMが一番レートが良かったと昨日のブログに書いた。

出国時に空港でカードを使ったら、もうVISAから明細が届いた。

カードのレートはいいと聞いていたけれど、ATMに比べると2円も悪かった。

上海では、ATMで両替をして現金で買い物をするというのがベストのようだ。

 

中国の空港事情

 

DSC_6390.JPG

 

国際便は2時間前に空港に行くのはどこでも同じ。

上海はかなりチェックが厳しい

空港の建物に入るときにいきなりボディーチェックがあった。

そして、手荷物検査

私のスーツケースが検査に引っかかり別室に呼ばれた。

四角い部屋に私のスーツケースがポツンとあった。その前に女性が一人。

お茶の缶を入れたのでそれかなと思ってスーツケースを開けると

缶には目もくれず、小物を集めて入れていた袋を上からなぞり、サッとファスナーが開けられた。

そして、その中の小さな袋に入っていたカメラのバッテリーを的確に取り出した。

もう、びっくり、すごい検査力

 

空港ラウンジで一休みしようと思ったのに、出発ゲートは遠く残り時間は1時間を切ってしまったので、またまた走って出国ゲートに行った。

所が、なんの案内もないまま搭乗時間を1時間が過ぎた。

それでも事情が分からないので、我慢で待つしかなかった。

漸く搭乗していざ関空へと思うとホッとする。

それから又1時間待たされた。

滑走路は沢山の飛行機が並び順番待ちのようだった。

結局、2時間遅れて飛び立った。

 

DSC_6485.JPG

 

高速道路の下には

 

DSC_6590.JPG

 

荷車を引く人もいる上海の街角

 

DSC_6621.JPG

 

 

多論路(骨董通り)のビルの上には洗濯物がはためく。

上海は、どこかアンバランスな街でもあった。

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM