三日天下のガブリエル

  • 2017.05.15 Monday
  • 23:45

DSC_0094.JPG

 

フェイクの小屋の前にはクラウン・プリンセス・マルガリータのオレンジ色が良く似合う。

残念ながら花持ちは3日天下。

シャッターチャンスがあればすぐに写しておかないと、明日のない美人薄命を絵にかいたようなバラなのだ。

 

展覧会が終わり、ホッとして庭を見回すと、チラホラとバラの姿が見え始めた。

今年は丁寧に誘引し、栄養剤にも気を配った(家人が)のにブラインドシュートが多い。

先日、私の庭に来て下さった、バラの巨匠達も心配して「芽出しの時の低温の所為よ、きっと」と励まして下さる。

カットしようと思ったら、小さな芽を見つけた。

我慢我慢。

 

DSC_0111.JPG

 

玄関の周りが段々華やかになって来た。

 

DSC_0116.JPG

 

未だ咲き切ってないシェエラザード。

波状弁咲きの濃いピンクで我が家では珍しいタイプ。

 

DSC_0104.JPG

 

シェエラザードとシンベリンの芳香で玄関周りが華やいだ香りに包まれる。

ドアを開けた瞬間に何とも言えない極上の匂いがする。

 

シンベリンは入手困難な初期のイングリッシュローズ。

手を尽くしても購入は不可だった。

静岡の巨匠が、ご自宅のバラから挿し木したものを頂いた。

鉢植えのまま育てたら今年は蕾が3本上がった。

 

庭植えの木やバラが一回り大きくなって、園路が狭く注意深く進まないと茎が骨折する花が出てくる。

今日は、いらない花を抜いたら、絡んでいたクレマチスが2本折れた。

家人がテーピングしたけれどさて、どうなるだろうか。

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM