裏庭の古時計

  • 2017.07.16 Sunday
  • 21:08

きなこを怖がらせる雷と共に大粒の雨が落ちてきた。

それでも、庭の水まき程度だった。

 

DSC_2101.JPG

 

我が家は、小さな裏庭があって、屋根があるので雨降りの日には便利なスペースである。

そういえば、この時計は加須市の玄番ファームで見つけてお持ち帰した時に、家人が完全にフェイクと思っていたらしい。

両面が開くようになっているので、「そんなはずはない」と言っても聞く耳なしだった。

ある日、気になって開いたようで電池が入ることを発見した。

「もしかして動くかも」と電池を入れると立派に時を報せてくれる。

庭に置くのは勿体なくて、玄関に取り込みたいと思っているくらい気に入っている。

駅のホームに掛かっていたような気がするのだが。

 

DSC_2117.JPG

 

ブドウの木は何度か植えたけれど、我が家ではうまく育たなかった。

それでも懲りず、今3本を育てている。

このツルを絡ませるために漆喰の小さな壁まで作っているのは家人のこだわり。

今年買った分は、今のところ順調に育っている。

桃栗3年柿8年。

で、ブドウは何年?

 

お知らせ

Gaden&Garden Vol62の表紙は北の小さな庭物語です。

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM